2007年08月01日

鳥づいていた日

数日前からうちのトマトが何者かに食い散らかされている・・・

トマト残骸.jpg
現場の惨状 赤いのがトマト

犯人の目星は何となくついてたのですが
昨日の朝、犯人現場に戻ってました。


動きが素早くて証拠写真が取れなかったけど
やっぱカラスだった模様。

慌てて追い払ってみたら、大きいトマトが落ちてて
皮だけ残して中身だけきれいに食べられてた_| ̄|○ililil

赤く色づいてはいるんだけど
人間が食べるにはまだちょっと早い
という段階で食べていく。

人間だって日々赤く色づいておいしくなっていってる
トマトをじりじりと楽しみに待っているというのに(TдT)

悲しい、悲しいぞ。

でももうきっと「あの家のトマトちょろいぜ!」とか
ネットワークに出回っているに違いない。
こりゃ今年のトマトはもう無理か・・・

で、またちょっと違った話ですが、昨日の夕方のこと。

庭にツバメが行き倒れていた。
いや、ホントなんだってば。
仰向け状態で土の上に倒れてたんです。

まだ動いていたのでとりあえずひっくり返してみた。
そうしたら目はちゃんと開いてるし
私のほうをじーっと見返してくる。

とりあえず大丈夫そうだけど、羽根でも傷ついたのかな?
大丈夫かな?でも私鳥の世話なんてしたことないし・・・
と思っていたら、飛んだ!

すごい低空飛行で数メートルほど。

飛べるじゃん!よかった!とは思いつつ
しかし着地地点はまだ熱いアスファルトの上。
車も来るかもしれないし、もっと危ないよと思って
また近付いてみたら、今度は頑張って向かいの雑木の
向こうへ飛んで消えていきました。

思うにまだ飛び慣れていない幼鳥だったのかな?と推測。
頑張って生き抜いていくんだよ。

恩返しはカラスにトマトもう食べに来んな、と
伝えておいてくれるだけでいいから。←オイ

具体的には何をしたわけでもないんだけどね。

まあ元気に南の国へ渡っていっておくれ、と
思ったりしたのでした。

んで、カラスは悪いけどもう来んな(゚Д゚)ゴルァ!!


posted by 魚座のあい at 11:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トマト対策には、ネットを貼るか、4隅に柱を立てて、その間に糸を貼るか、使用済みのCDをぶら下げるといいと聞きます。
・糸を貼ると羽根が引っかかるので来なくなる
・CDは光るので嫌がる
らしいです。効果あるかな?
Posted by サクセス at 2007年08月02日 15:32
お久しぶりです♪

いやぁ、食べ物ある所にカラスあり、ですね。
一度目をつけられてしまうと、確かに次から次へとやって来ちゃいますね。
生ゴミだと、黄色いビニール袋に入れたら、つつかれなくなったという話(中身が見えないらしい)ですが、何かそれを応用出来ないですかね?あ、でも、場所で覚えてるかなー。頭いいもんねえ。

我が家でも、すずめは歓迎してますが、カラスがたまにV字飛行でベランダをかすめて行きます。そうなると、もう「空襲警報」発令ですよ。一度寄り付かれたら、最後だし、何よりうちの小鳥達が食べられちゃう。。
Posted by より at 2007年08月03日 11:03
>サクセスさん
その対策、よく見かけますよね。
やっぱり効果あるのでしょうか。

ネットは張ってもその上からくちばしでつつくので
あんまり効果はないらしいと聞きました。

カラスとの頭脳比べなんですよね。負けそう・・・_| ̄|○ililil

でもなんとか頑張ってみます。トマト〜・・・

>よりさん
お久しぶりです♪
鳥のこと書きつつ、よりさん読んでくれるかな〜と思ったりしてました。

とりあえず被害はトマトだけなんですけど
カラスは賢いからもううちの畑は覚えてるみたい(TдT)
何か黄色いもので覆えばいいのかな?
でもそれだと太陽の光がトマトに当たらないし・・・
うーむ、困ったもんです。
頑張っていろいろ考えてみます。

ぎょ。カラスって雑食だとは知ってましたが
小鳥なんかも狙うのですか?!
それは怖い・・・本当に空襲警報ですね。
Posted by 魚座のあい at 2007年08月03日 13:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49917212
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。