2007年01月18日

ウワサの床暖房

ここ数日記事の中によく出てきた言葉。

THE 床暖房

今日はこれについて書き書きφ(・∀・*)

ちなみに関連の過去記事はこちら。

施工の様子

スイッチパネル

床暖房はLDKに3箇所に分けて設置しました。

1206リビング.jpg
リビング部分
カーペット敷いてある部分を中心に設置。

ダイニング.JPG
ダイニング部分
テーブル置いてある辺りに設置。

キッチン.JPG
キッチン部分
キッチン台寄りに設置。

で、これ全部使ってるのかというと

すみません、ほとんどリビング部分しか使ってません(;´Д`)

理由としては

・ルームシューズ履いてる。
・DKにいる時間がそれほど長くない。
・エアコンはDKの天井部にあるので、
 それだけで結構あったかい。

などが挙げられるでしょうか。

そして何より、電気代請求書を見て

これでDKも床暖房使ったらえらいことになる(((( ;゚Д゚))) 

と確信したことが大きい(^_^;)

ダンナ君もちらりと言ってましたが、うちの場合
正直DK部分に関しては床暖房は必要なかったかも・・・です。

ただこればっかりは実際生活してみないとわかんなかったし。
ある程度しょうがない部分もあったかなぁと。

それにうちはある意味「実験住宅」なので
実際の使用感を知る必要もありましたから。

現在ダンナ君がご自宅を設計施工してるお施主様は
床暖房を入れませんでした。
冬場はホットカーペットと他の暖房器具を利用されるそうです。
床暖房設置にかかる費用を、他の住宅設備にまわされました。

四国という地域性もあり、その暖房環境でも冬は十分でしょう。

床暖房って確かに便利。
コードもなくすっきり見えるし、部屋全体を暖めてくれます。
ホットカーペットにさらにカバーをかけ、
その上にコタツという風景も冬らしい情緒があるけれど
床暖房なら敷いてもカーペット1枚で済むので
軽い雰囲気を出してくれます。

最近は電気利用・ガス利用のもの、ともに性能もよく
省エネ性も高いものが出ています。
費用も昔に比べれば下がってきました。

ただし、冬の一時期しか使わないものであることも事実。

寒冷地ならともかく、冬がそれほど長くない地域では
本当に必要か、費用に見合ったメリットがあるか、を
導入前によーく検討する必要があるかも・・・・です。

リビングの床暖房に関しては、うちも後悔はないです。
ホットカーペットを出したり、干したり、片付けたり
なんてことはない訳で、その手軽さはありがたいですよ('∀`)


banner_03.gif←もし今日の記事がお役に立ったならぽちっと
posted by 魚座のあい at 15:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 内装・設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちはLDに床暖房です。
これはどちらも使っていますね。
でもキッチンにはそんな長い時間立たないので(笑)
あえて入れませんでした。
今ほしいのはパソコンスペースですd(^-^)ネ!
Posted by kako at 2007年01月18日 18:42
>kakoさん
そうですね〜。
私も今はパソコンスペースに欲しい!

リビングとダイニングの間にパソコンを置いてるので
絶妙に床暖房からそこだけ外れてるんですよね(笑)
ここももう少し考えればよかったです。
Posted by 魚座のあい at 2007年01月19日 11:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31636792
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。