2006年12月14日

オール電化ってどうでしょう?

家を建てるときに希望したことの1つに
「オール電化」ってのがありました。

何でかって言うと、以前住んでたアパートの
ガス代の高さにげんなりしてたから。特に冬場ね。

都市ガスならまだ我慢できたんだろうけど
プロパンだったのね。
だからその時点でガス代も高めだったんだけど
湯沸かし器もガスだったんですよ。

だから冬場のお湯をよく使う時期のガス代なんて
明細見るのもイヤでした(笑)

まあ、私が湯船に浸かる派、
ダンナ君は朝シャワー浴びないと気が済まない派、なんで
普通の家庭より使う時間も長かったんでしょうねえ。
冬だから湯の温度も上げるし。

だから電化希望したの。

で、結果、どうなったかというと。

まだ住んで半年もたってないわけですが
一戸建てに移って、住居面積が拡大したにもかかわらず、今のところ

アパートガス代+電気代 > 一戸建て電気代

なんですわ〜('∀`)ヨシヨシ

オール電化にすると割引があるからそれも大きい気がする。
時間帯割引も受けられるし。
(詳しくはお住みの地域管轄の電力会社HPへどぞー♪)

まあこれから冬本番に入っていけば
現在の住居の電気代も上がる可能性はモチロンあるんだけどね。

床暖房とエアコンをほぼ毎日入れるようになった先月の電気代、
そんなもん使ってなかった先々月と比べると
5,000円ぐらい上がってたし←大反省_| ̄|○ililil

ちなみにアパートではエアコン、ホットカーペット、
こたつ(ホットカーペットであったかいので電源は入れず)で
過ごしてました。

今は、床暖房とエアコン使用。

家族構成とか、日中も家に人がいる家庭・いない家庭とかで
電気代なんてずいぶん違ってくるんだろうなー、とは思うので
まあご参考までに。

ここまでは経済的なことばっか書いたけど
他にも、火を使わないので安心という面もあります。
あ、でも漏電の心配はあるか。

一方で短所としては当たり前ですが、
停電するとすべてがストップ(;´Д`)

災害の時なんかは電気から復旧が始まると聞いてはいるけど
もしもの時のために、カセットコンロくらい置いておこうかなあ
とか考えたりしてます。


こんなのとか =Iwatani カセットコンロ アモルフォ=

こんなものにまでデザインを求めてしまう自分は
本当に処置なしだと思います(´Д⊂グスン

でもそのへんに売ってんのじゃ安っぽすぎてイヤだしなぁ。

わかんない人にはサッパリわかんないこだわりですよねぇ・・・

まあ、人それぞれ。
料理好きで、ガスの火力が捨てられない!って方もいるだろうし。
そりゃIHだとフランベはできないよね。

自分の生活に合った方を選ぶのが一番だと、当然ながら思います(^.^)

今日は珍しくブログタイトルに背かない記事書けて(自己)満足♪



banner_03.gif←というわけで本日もクリックよろしくです




posted by 魚座のあい at 11:50| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガスバーナーがあればどこでもフランベできますよ〜。
なんてね、ガス派のサクセス@管理人です。
でもあいさん宅の換気扇はいいよね〜、IHつけたら自動的に回ってくれて、
消してしばらくしたら自動で止まるんだもの。
オール電化のよさ、なんですかねぇ?
Posted by サクセス at 2006年12月14日 14:13
>サクセスさん
そうですね。IHでもフライパンにチャッカマンでも持ってけばいいのか。

あの換気扇は確かにいいですよ〜。
自動的にスイッチ入って勝手に止まってもくれるなんて
無精がそのまま人間になったような私にはありがたすぎて涙が出ます。

夫に聞いたら、ガスでもそんな機能を持った換気扇は可能ってことでした。
VIVA文明!ってことかしら。
Posted by 魚座のあい at 2006年12月15日 10:27
ええ?ガスでも可能なんですか!
知らなかったな〜。
自分で家建てるときは絶対付けたいなー。
建売だと・・・どうなんだろう???
Posted by サクセス at 2006年12月15日 10:40
>サクセスさん
そうらしいですよ〜。
詳細を知りたいときはまた言ってくださいね。
建売だと、うーん、どうなんでしょう。

>自分で家建てるとき
ゼヒゼヒ!オススメですよ。
Posted by 魚座のあい at 2006年12月15日 18:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。